大学図書館問題研究会第46回全国大会(札幌)+勉強会

先週末8/22-24は、大学図書館問題研究会の全国大会@札幌でした。

末端のお手伝いとして、大会運営の裏側を垣間見させていただけたことは大きな収穫。
なにより、お世話になった方々に久しぶりにお会いできたのがとってもとっても嬉しかった!!

しかも全国大会前日には、私たちの勉強会に空手家ライブラリアンIさんが来てくださいました!

sites.google.com

関西で初めてお会いした時には、電車でちんまりと横に座ってど緊張していたというのがほぼ唯一の記憶です。図書職に就いたとしてそれは図書館員なのか、それとも大学職員という意識なのか、という話題につっかえつっかえ思うところを言ってみたりして、それにうんうんと優しく頷いてくださった方、というのが心に残っていました。

それが今回、「図書館員のつながりづくり」というテーマでお話しいただくことになり、私にとってはマインドやテクニックといったご講演の内容から受ける感銘にまして、あの勉強会そのものが、わずか1年半ほど前から始まった数々のつながりを顧みる大切な時間になりました。ご縁というのは本当にふしぎ。一歩一歩成長して、ちょっとずつでも周りに恩返しができたらいいな。

そして初参加の大図研全国大会!

一日目はこの研究発表が楽しみで楽しみで。会場をうろちょろしていましたが、これはがっつり聞かせていただきました。

「オープンアクセスは被引用率を上昇させるのか
  ―Scopus による京都大学生命科学系論文の調査から見えるもの」

研究発表 - 大学図書館問題研究会 第46回全国大会(札幌)

要チェック★
The Open Access Citation Advantage Service « SPARC Europe

普段のお仕事をきっかけに始めた調査だそうで、雑誌受入担当の私としてはこういうことしてみたい、ちこちこデータいじってみたいなあとわくわくするお話でした。

OA論文の実態を掴む難しさが次第に見えてきつつあったところで、発表を伺ってもそこはやっぱり難しいんだなあと。ハイブリッドOAやグリーンOAはどう考慮したらいいのか、とか、どのくらいの範囲の年月を対象にしたらいいのか、とか、質疑でも、皆でアイディアを出し合うような空気がありました。

発表や分科会、自主企画のヨガも、地酒の会も、毎日の飲み会も、どれもこんなに楽しんじゃっていいのかなあと思うくらい

満喫しました。私はフットワークが軽すぎるので東京も関西も全然遠いと思っていなかったけれど、普通は北海道はやっぱり遠いんだなあ、と思い、そう思うと余計に、たくさんの方々にお会いできたことが本当に嬉しくて楽しかったです。はしゃぎすぎた点は反省もあれど、来年も行こうー、いつか発表もできるようになろう、と気持ちが高鳴る、よい週末でした。