図書館キャラクターの利用規約

広報楽しい。
もともと研究成果のアウトリーチにはかなり興味があったんだけど、派生して、ひとに届ける、のが楽しくなってきた。ちゃんと届いているのだろうか、押しつけじゃないだろうか、とやきもきするところも好きだ。

本題のキャラクター。
個人的には、キャラ広報の可否とかキャラそのものにはそれほど思うところがなくて、単なる表現方法のひとつという意識。多言語対応とか広報媒体の多様性とかと同じように、キャラで表現することで届くひとが増えればいいよね。

利用規約まではいらないのかなとも思うけど、いざ自館で作るとき、みなさん運用どうしているのかなと探したので、誰かの参考になればいいなぁくらいのエントリ。図書館関係のキャラクターで利用規約が出ているケースです。HP上コンテンツの著作権全般ではなく、個々のキャラクターの規約。
(以下と記憶↓を頼りにちまちま探しています。他にもあったら教えてください!※2016年1月30日時点→2016年4月4日北海道大学を追加しました
トキャラ図鑑 kumori / 図書館キャラクター - Lifo-wiki / 図書館キャラクターGP エントリー名鑑 | 図書館総合展 )

北海道大学附属図書館「ほのか/うらら」
http://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2016/04/0ae8bb0396ddf7e965c28d53775d5b64.pdf
http://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2016/04/b07c4abf78ebbdd4d0a1ff59c68e1663.pdf
http://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2016/04/04d436edf2e88701a2a86f747708b89f.pdf

信州大学付属図書館「信大ナナちゃん」
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/uploaddocs/nana_guideline20150717.pdf
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/uploaddocs/nana_shinsei.doc

十文字学園女子大学「もっくん」
http://www.jumonji-u.ac.jp/artis-cms/cms-files/20140405-122415-6842.pdf
http://www.jumonji-u.ac.jp/artis-cms/cms-files/20140117-161853-8019.pdf

・ししょまろはん「ししょーとまろー」
CC-BYライセンス

徳島大学附属図書館「つねくら学園のなかまたち」
CC-BY-NC-NDライセンス(ということなのでしょう)

その他
近畿大学付属図書館「マグロスキー」
リポジトリに作成経緯あり。中のひとの想うところが文章として残っているのはいいですね。
http://kurepo.clib.kindai.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=AN10132402-20131000-0015

大学のキャラクターとして作ってるところだと、帝京大学「てぃーぼー」は商標登録していたり、奈良教育大学「なっきょん」は着ぐるみ貸付要項を出していたり。

見ていて、使い方もさまざま。
しおり・ファイル・ブックカバーなどのグッズ、PC用壁紙・利用案内・HP・図書館便りへの登場などは定番のところ。ちょこっと変わり種、かわいいな、おもしろいな、というのを。

宮城教育大学付属図書館「ムェ」
テーマ曲が全10曲…!普通にいい曲です。中のひとにこういうの得意な方がいたのかな。

筑波大学附属図書館「がまじゃんぱー」
さすがの存在感。図書館体操の動画おもしろすぎ。
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/w5lib/?page_id=4349

学習院女子大学図書館「さくらちゃん」
校歌を歌ってる!音声ソフトで作ったのかな。

宮代町立図書館「ハクモクレンちゃん」
使い方がかわいい。公共らしいやわらかいかんじ。
https://www.lib.miyashiro.saitama.jp/kodomo/index.html

江戸川大学総合情報図書館「ねこ館長」
「ネコモンズ」とな。